山口県萩市に在るホームページ制作と動画・映像制作を行う会社の情報発信BLOGです。

写真・動画の撮り方(基本編第3回目)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

写真・動画の撮り方(基本講座第3回目)

前回の写真・動画の撮り方(基本編第2回目)では、カメラの簡単な構え方をご紹介しました。
今回の写真・動画の撮り方では、”構図“について記載させていただきます。
では、なぜ”構図“と言うモノが大切なのか。
要するに”構図“とは、何か。
構図“を気にせず撮影すると、「不自然な写真」「ただ流れている動画」「主人公(写真・動画内)が不透明」「伝いたいメッセージの欠落」等につながります。(※これを利用して恐怖を煽る撮影方法もあります。)

構図の前に基本撮影

いくら構図を意識しても意識しないといけないところがあります。
例えば水平」に撮影すると言う事。

水平

右の写真は、水平がズレています。不自然ですよね?
しっかり、水平に撮影すると安定感のある見やすい作品になります。
しかし、同じ水平と言っても色々とあります。
基本的な3分割法の分け方では、

水平1

水平2

そして、真半分に分ける水平があります。

水平3

絶対に水平ではくてはならない。と言う訳ではありません。ここでは、割愛させていただきますが「対角線構図」と言う構図も存在します。この対角構図で撮影する場合、持論ですが中途半端に斜めにすると違和感のある作品になりがちです。

次に、「ホワイトバランスorシャッタースピード」です。
最近のカメラでオート撮影を行うと気にしなくても良いですが、

ホワイトバランス

上の写真は、明らかに何を撮影したのかわかりませんが、この様にならないように撮影することが、構図に入っていく最初のポイントです。
気にして撮影していると、当たり前に撮影することができるようになります。
人それぞれに癖があるので今まで撮影した写真や動画を一度確認してみてくださいね?

構図の種類

3分割法

基本的な撮影方法の1つで、安定した作品になります。(線が重なる部分を被写体に合わせます。)

3分割法

日の丸構図

読んで字のごとくで、伝えたいものをストレートに伝えることができます。

日の丸

シンメトリー構図(二分割法)

左右(上下)対象の構図です。

シンメトリー(上下)

シンメトリー(左右)

放射構図

奥行きや立体的に見せる構図です。

放射

その他にも様々な構図があります。
興味がある方は調べてみてください。
更に、上記を組み合わせることによって生まれる作品もあります。
例えば、「二分割法」+「放射構図」の組み合わせです。
二分割法+放射構図

など、写真・動画には様々な構図が存在します。
是非、お試しあれ。

構図の距離

構図、構図、構図・・・
難しいのは、ここからです。
カメラの補助グリッド効果を使用すれば上記の構図は、撮影可能です。
ここからは、その構図を見せるための”距離“について説明をします。
写真や動画の世界では、「大ヒキ」「中ヒキ」「ヨリ」「クローズアップ(アップ)」等と言われる”距離感“を示すものも存在します。

大ヒキ

全体を捉え状況を説明します。

大ヒキ

中ヒキ

「大ヒキ」より近く「ヨリ」より遠く。

中ヒキ

ヨリ

その被写体に「ヨル」と言う意味。

ヨリ

クローズアップ(アップ)

更にヨル。

アップ

上記の4つでは見え方が違うのは当たり前ですが、雰囲気の伝方が違うのも分かります。
テレビやコマーシャルは基本的に上記を組み合わせて制作されることが多いです。(撮影の基本)
興味のある方は注意して観覧してみてください。

このように”構図“と言っても多種多様なモノが存在します。
カメラを構えてファインダー越しにどう撮影するのかorどのように撮影したいのかを明確に捉えるとメッセージのある作品になります。

写真・動画の撮り方の第3回目はここまでにします。
次からは、人物撮影時の構図やテクニックのご紹介をしていきます。
ご観覧ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローお願いします

SNS