山口県萩市に在るホームページ制作と動画・映像制作を行う会社の情報発信BLOGです。

ラストシップ:海外ドラマ紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ラストシップ-topロゴ

ラストシップ概要

ウィリアム・ブリンクリーの人気小説を原作とする『THE LAST SHIP』。ある伝染病が世界中に広まり、人類が壊滅しかけるところからドラマは始まる。だがアメリカ海軍の駆逐艦ネイサン・ジェームズの船員たちは病魔に冒されない。駆逐艦の位置が、ウイルスが広がる範囲から外れていたからだ。そして今、艦長と船員たちは、この世界に生存しているのが自分たちだけかもしれない、という事実を受け入れなければならなかった。

製作総指揮に『トランスフォーマー』『アルマゲドン』『パール・ハーバー』などの作品で知られるマイケル・ベイを迎え、ターナー・ネットワーク・テレビジョンが企画制作を行っており、アメリカで2014年のケーブル局新作ドラマ視聴率のNo.1を獲得している。

エリック・デインローナ・ミトラアダム・ボールドウィン・トラヴィス・ヴァン・ウィンクルマリッサ・ネイトリングなど

ラストシップ公式ページ



ラストシップ

ストーリー

トム・チャンドラー中佐が艦長を務める、アメリカ海軍のアーレイ・バーク級駆逐艦「ネイサン・ジェームズ」は、4か月にわたる極秘の武器評価試験を行うため北極海に向かうことになるが、それには北極で細菌の採取を行いたいとする、CDCの細菌学者のレイチェル・スコット博士とその助手が同行していた。
4か月後、無線封止の中で全ての予定が終了し、チャンドラー艦長たちは帰国の準備に入るが、まだやり残したことがあるとするスコット博士の反対に加え、本土から任務の延長が言い渡されたことで、北極海にまだしばらく留まることとなる。
それから2日が経ち、未だに帰ることができないチャンドラー艦長たちはスコット博士に不信感を抱くのであるが、そんな中で、突如彼らはロシア軍と思われる戦闘員からの攻撃を受ける。 チャンドラー艦長らアメリカ海軍は、実力を持ってこれを何とか撃退し、攻撃された理由がスコット博士達にあると考えたチャンドラー艦長は彼女を問い詰めるのだが、そこで驚くべき事実を知る。
なんと無線封止中の間に、世界は致死率100%の新型ウイルスが蔓延して荒廃していたのであり、スコット博士の本来の研究目的は、そのウイルスのワクチンを開発することだったのである。 今すぐ本国へ帰還し、家族の無事を確認したいチャンドラー艦長たちであったが、荒廃し無政府状態となっている今の国に帰ったところで、そこでワクチンが作れるとは限らない。 安全にワクチンを作れる場所はこの艦の中しかないと考えたチャンドラー艦長ら乗員たちは、ワクチンが製造できるまでは国には帰らないことを決意。 人類を、自らを、そして家族を救うため、「ネイサン・ジェームズ」の孤独な航海と戦いが始まるのであった。

ラストシップ:シーズン1 トレーラー

ラストシップ:シーズン2 トレーラー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローお願いします

SNS