山口県萩市に在るホームページ制作と動画・映像制作を行う会社の情報発信BLOGです。

クリーナーとミンクオイルを使って、くたびれた革製品のメンテナンス!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

革製品メンテナンス2017

前書き

大人になるにつれて持ち歩くようになる「革製品」。
ビジネスシーンやプライベート関係なく「革製品」を使用していらっしゃる方は多いのでは?
私もその一人です。
革製品は、消耗品ですが上手くメンテナンスをしてあげれば使用期間も増えて既製品にはない自分だけの味のある一品になり愛着もさらに湧いてくるものだと思います。
本Blogでは、その「革製品」のメンテナスをご紹介したいと思います。
私個人の持ち物ですが。。。

使用するも

まずは、「革製品」を綺麗にする「クリーナー」と「ミンクオイル」です。

クリーナーとミンクオイル

クリーナーとミンクオイルは、ホームセンターなどで手軽に手に入ります。
私自身、ミンクオイルは本来、レッドウィングのブーツのメンテナンス用に購入したのですが、革製品全般に使用可能なので重宝しています。
そして、この度メンテナンスを行う革製品です。

メンテナンス用品

少し、くたびれ感と潤いがなくなってきています。

メンテ前の財布
メンテ前の名刺入れ



クリーナーがけ

中身

それでは、中に入っているものを全て出して「クリーナー」を使用して汚れを取っていきます。
乾いたタオル等に適量付けてまんべんなく塗っていきます。
この時に注意したいことは、直接クリーナー液を革製品に付けるのではなく、クリーナー液をタオルにつけてから革製品に塗っていく。
ということ。
クリーナーのムラができたり一点ばかり塗ってしまうことを防ぐためです。
汚れを落とすように全体的にまんべんなく塗っていきます。

クリーナーとタオル
クリーナーの塗り(アップ)
クリーナの塗り(ひき)
クリーナーの塗り(中)

塗り終わったら少し時間をおいてクリーナーを拭き取ります。
※ちなみに本クリーナーは、革製品に必要な栄養補給も入っているクリーナーを使用のため時間をおき拭き取ります。

クリーナーふき

ミンクオイルを塗る

革製品」には、「ミンクオイル」を塗ると艶や長期間使用しているとできるヒビ等を予防できます。
さらに、皮が柔らかくなり使いやすくなります。
ミンクオイル」を塗るときは、私は指で溶かしながら塗っていきます。
タオル等を使用して塗っても構いませんが、なるべくまんべんなく・綺麗に塗っていきたいので指で塗っていったほうが仕上がりは綺麗です。
デメリットは、長時間指で塗っているとかなり疲れることと指が痛くなります。

ミンクオイルを指で塗る1
ミンクオイルの塗り2
ミンクオイルの乾かし
ミンクオイルの乾かし2

最後にミンクオイル」を塗った革製品を馴染ませるために半日〜1日程度放置して余った「ミンクオイル」を拭き取れば完了です。

最後に

様々なメンテナンスのやり方があると思います。
しかし、やることは大体一緒なので興味がある方は、さらに調べてみてくださいね?
ちなみにこの「ミンクオイル」を塗れる革と塗れない革がありますのでご注意を!
基本的には、牛本革であれば本BlogのメンテナンスでOKだと思います。
良いものを長く使え、愛着があるモノを持てば自身にも繋がると思います。
さらに、知識が伴えば薄っぺらいことも語らなくなると思います。
ぜひ、おためしあれ♪
最後まで、ご既読ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローお願いします

SNS