山口県萩市に在るホームページ制作と動画・映像制作を行う会社の情報発信BLOGです。

写真・動画の撮り方(基本編第1回目)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

movie-1

はじめに

スマートフォンやビデオカメラ・一眼レフカメラの普及に伴い写真や動画が身近な存在になってきました。

興味があったり、目を引くモノ・珍しいモノ・綺麗なモノ・大切な人・ペット等、写真や動画を撮影する機会も増え、ついつい撮ってしまいます。

しかし、なかなか思った通りに撮影できませんよね?

もっと上手に撮影したい

そう、思われたことは、ありませんか?

そこで、撮影の基本をご紹介したいと思います。

ストロングポイント・ウィークポイント

スマートフォン・ビデオカメラ・一眼レフカメラ。それぞれにストロングポイントとウィークポイントが存在します。ここでは、簡単にご紹介させていただきます。

例えば、スマートフォンは常に持ち運んでいていつでも高画質の写真・動画が撮影可能です。更に、近年では各会社がカメラの性能を高めています。つまり、いつでもどこでも写真た動画が撮影可能。これが、スマートフォンのストロングポイントです。

では、逆にウィークポイントはこれを使用する方の「モラル」です。もちろん、ビデオカメラ・一眼レフカメラ等同じですが、以前にあるニュースを拝見させて頂きました。

とある国(あえて国名は出しません。ちなみに南米です。)のビーチでイルカが打ち上げられていたそうです。地元の方が物珍しさにイルカを撮影しSNSに投稿したところ直ぐ様話題になり、沢山の方がビーチに来て打ち上げられているイルカを撮影しSNSに投稿したそうです。イルカを救助しに駆けつけた水族館の方が、群がる人々に救助を妨げられた結果、イルカは息絶えたそうです。

心が傷むニュースだったので忘れませんが、これが、スマートフォンの本当のウィークポイントだと思います。いつでもどこでも撮影が出来るのは素晴らしいことですが、撮影時は、

マナーを守り、モラルを持ちましょう。

ビデオカメラのストロングポイントとしては、名前通り「ビデオカメラ」の働きをしてくれるカメラです。最近では、4K画質を小型カメラで撮影可能になりました。(ちなみにiphonでも)

一番のストロングポイントは、長時間撮影が出来ることではないでしょうか?もちろん、データ量やカメラの性能によって上下はありますが。

ウィークポイントは、「いつでもどこでも」撮影しませんよね?イベントごとで撮影する為に使用します。そして、撮影時、少し構えてしまいますよね?

簡単にビデオ撮影を行い、なるべく失敗しな為には、やはりビデオカメラが一番です。ちなみに、手振れ補正は出しません。ほぼ全てのカメラが標準装備になっていますし、カメラ選びのBlog内容ではないので。ご了承下さい。

一眼レフカメラのストロングポイントは、やっぱり“ボケ感”です。上記の2つでも再現は可能ですが、レンズ次第でかなりの好印象の写真・動画撮影が可能。

ウィークポイントは、”ボケ感”です。背景がボケると言う事は、目立たせたいものをしっかり確認しておかなければならないと言う事。そしてオート撮影の場合、ボケさせたくないモノまでボケてしまう事があります。(余談ですが、ピントがしっかり合っていない写真・動画の事を“甘ピン”と言います。厳密には失敗写真・動画です。)

つまり、一眼レフカメラの撮影はちょっと難しいです。その分、写真・動画の完成度は素晴らしいですが。

興味がある方は、一眼レフで撮影されることをお勧めします。プロの方もテレビや映画の1シーンで一眼レフカメラを使用し撮影されていますね。

心構え

今回は、写真や動画の撮影のテクニック等ではなく、”ココロ”を中心にお伝えできたらと思っています。

では、なぜ”ココロ“を唄うのか?

それは、

只、なんとなく撮る=只、なんとなくの作品

だからです。

ちなみに、弊社が一番伝えたいのは、これなんですが。

本Blogでは、写真や動画の撮影が少しでも上手くなりたいと思われる方がご既読されていらっしゃると思います。

只、なんとなく撮影されたい方はそのままで結構です。理屈ではなく、写真・動画が撮りたい。これも1つの大切な理由です。この感情や思いも大切にして下さいね?本ブログは、段階を踏まえてステップアップの内容になっています。

最終的に写真や動画の良し悪しを決めるのは貴方です。

弊社ホームページの方にも記載させて頂きましたが、1(撮影者)+1(素材)=1(完成)では有りません。

完成の値は、見る方によって0.6にもなりますし2.3にもなります。すべては、その写真や動画に何を感じるか、どんなメッセージがあるのかが、大切なのです。

つまり写真・動画撮影での”心構え“は、

何を伝えたいのか。何を撮りたいのか

を意識するだけで、お気に入りの写真や動画が撮影できるはずです。

もちろん、他にも”心構え”で必要なことはありますが、基本的な事を記載させて頂きました。

写真・動画の撮り方第1回目はこの辺で終わりたいと思います。

次回からは、撮り方の”コツ“や”テクニック等を記載していきますので是非、ご覧ください。

ご観覧、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローお願いします

SNS