Mac Book Pro のHDDをSSDに交換!(実装編)

Mac Book Pro のHDDをSSDに交換!(実装編)

My Mac Book Pro

今回は、仕事で使用している「Mac Book Pro」のHDDをSSDに実装しました。
私が使用しているMac Book Proは、


MacBook Pro (13-inch, Mid 2010)
プロセッサ:2.4 GHz Intel Core 2 Duo
メモリ:8 GB 1067 MHz DDR3(メモリは増設済み)
グラフィック:NVIDIA GeForce 320M
となっていて、
今回実装するHDD:250GB(5,400rpm・HITACHI)SSD:SanDisk SSD PLUS 120GBに変更します。

ちなみに、なぜ交換するかと言ううと・・・
1か月で3度PCが起動しなくなりフリーズが多発した為、調べまくった結果、HDDに問題ありとのことなのでSSD実装に踏み切りました。

今回、実装するSSDはSandidkさんの120GBです。

SanDisk SSD PLUS 120GB


そして、今回使用する工具は「精密ドライバー」「T6のヘクスローブドライバー(6角ある星型のようなドライバー)」です。
ちなみに、近所のホームセンターで2つ計1,500円ほどで購入しました。

工具

ヘクスローブドライバー

それでは早速、「Mac Book Pro」を裏返しにして「精密ドライバー」で開けていきます。
ネジは計8個あり長いネジと短いネジがあります。仮に裏を外される場合には、どこを外したかしっかり覚えておいてください。
自己責任でお願いします。

ネジ

中を開けるとこんな感じです。
みっちり詰まっています。

Mac Book Proの中身

HDDは左下のこれですね?これを取り外します。

HITACHI HDD 250GB

まずは上部に見える留め具のネジを外してHDDを取り外します。
この時にSATAケーブルがHDDにくっついていて、あまり長くないので勢いで取り外すのは危険です。

留め具外し1

留め具外し2

HDD外し1

HDD外し2

取り外したHDD(右)と取り付けるSSD(左)です。

HDDとSSD

続いて、HDDについていた固定をするガイドネジ?をSSDにつけます。ここで「ヘクスローブドライバー」の出番です。

ガイドネジ取り外し

ガイドネジ分離

ガイドネジ装着

4個SSDに装着できたら本体にSSDを取り付けます。SATAケーブルは向きがあるのでよく確認をしてください。

SSD取り付け1

本体に取り付けるときは、ガイドがあります。オレンジ色になっているところに取り付けたガイドネジを挿入し、留め具を取り付けます。

SSD本体取り付け1

SSD本体取り付け2

SSD本体取り付け3

SSD本体取り付け4

そして、裏を取り付ければ物理的のSSD交換が完了です。

今回は、ここまで。
次回は、「システムイメージ」「パーテーション」などを設定し使えるようにしていきます。
ここまでご既読いただきましてありがとうございます。

SanDisk SSD PLUS 120GB [国内正規品]メーカー3年保証付 SDSSDA-120G-J26
サンディスク (2016-06-09)
売り上げランキング: 14,947
アネックス(ANEX) T型ヘクスローブドライバー T6×50 No.6300
兼古製作所(Anex)
売り上げランキング: 14,611
エンジニア 精密ドライバーセット DK-60
エンジニア(ENGINEER)
売り上げランキング: 65,871

【WordPress】SEO対策やカスタマイズ性が高いオススメ無料テーマ

CTA-IMAGE LION MEDIAとは LION MEDIA(ライオン メディア)は、AMP対応・SEO最適化・レスポンシブ・高機能。そして、表示速度が速い、無料のデザイナーズ WordPressテーマです。全体としてメディアサイト向けに作っていますが、個人ブログなどでももちろん利用できますし、カスタマイズ次第で様々なタイプのサイトに利用できるテーマになっています。

BLOGカテゴリの最新記事