Mac Book Pro のHDDをSSDに交換!(データ移行編)

Mac Book Pro のHDDをSSDに交換!(データ移行編)

前回は、HDDをSSDに交換したところまででした。
今回は、HDDのデータをインストールして、SSDを使用できるようにします。

まずは、電源をポチッ!

電源

すると、このような画面が開かれます。

ドライブデータ無し

一度、電源を落として「リカバリーモード」で起動をします。
リカバリーモードは、電源を押してMacの電源を入れた直後または Mac を再起動した直後にcommand (⌘) + Rキーを押し続け、Apple ロゴが表示されたら離します。
参照 Appleサポート

リカバリーモードで起動した後、SSDにパーティションを設定します。
ディスクユーティリティーからこの度取り付けたSSDを選択し、パーティションを設定。
私の場合、パーティションをインストールするのに約40分かかりました。

ディスクユーティリティー

パーティション

パーティション インストール

パーティションを設定しましたら、Mac OX インスラーラに戻り、外付けHDDにTime Machineにデータを保存している方は、「Time Machine バックアップから復元」を選択。
すると、どのデータを復元するかを選択しインストール。
私の場合、外付けHDD(USB2.0)からのインストールで約1時間かかりました。
インストールは、データ量やインストールの環境で変化はあります。

データ インストール1

データ インストール2

データがインストールされれば、再起動し完了!

HDDの不調時の起動時間は、約2分もかかってしまっていましたが、SSDに変更してからは、約15秒で作業を開始できるほどに短縮できました。
もしも、PCのHDDが原因と判明しSSDに交換をお考えの方は実践されてみてください。
ただし、自己責任でお願いします。
ここまでご既読いただきましてありがとうございます。

SanDisk SSD PLUS 120GB [国内正規品]メーカー3年保証付 SDSSDA-120G-J26
サンディスク (2016-06-09)
売り上げランキング: 14,947

【WordPress】SEO対策やカスタマイズ性が高いオススメ無料テーマ

CTA-IMAGE LION MEDIAとは LION MEDIA(ライオン メディア)は、AMP対応・SEO最適化・レスポンシブ・高機能。そして、表示速度が速い、無料のデザイナーズ WordPressテーマです。全体としてメディアサイト向けに作っていますが、個人ブログなどでももちろん利用できますし、カスタマイズ次第で様々なタイプのサイトに利用できるテーマになっています。

BLOGカテゴリの最新記事