山口県萩市に在るホームページ制作と動画・映像制作を行う会社の情報発信BLOGです。

   

ASUS ZenPad 3s 10 Z500M-SL32S4の3カ月使用感。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ASUS ZenPad 3s 10の概要

ASUA ZenPad 3s 10(z500:Wi-Fiモデル)は、2016年にASUAより発売された高性能タブレットです。
2K(2,048×1,536ドット)の画面出力で更にASUSが独自に開発した高画質化テクノロジーVisual Masterを搭載しFHD(1,920×1,080)の動画や写真もくっきり綺麗に。
更に、ハイレゾリューション オーディオ サラウンド出力で音のメリハリも。
そして、4GBのメモリを搭載しネットサーフィンもサクサク。

全体

下部は、type-C USB接続とスピーカー部分。
指紋認証も可能でたまに指紋認証を読み込まない場合もありますが、重宝できるセキュリティシステムです。

サイドは、電源ボタン・音量調節ボタンで、上部はイヤフォンジャック。

エイスース ASUS ZenPad 3S 10 シルバー Z500M-SL32S4
エイスース
売り上げランキング: 11,637

映像の使用感


ここからは、個人的な使用感です。
本機を3ヶ月使用した使用感です。
私は、映像制作を行っており主にクライアント様や映像チェックを行う時に使用しています。
上記で記載した通り2K(1,920×1,080)で60fpsの動画はサクサクに動き、カクツク事もなく途切れることもありません。
ただ、4K(3,840×2,160)になるとビットレートが高くなったり長時間の動画はカクツク場面もあります。
気になるほどでは有りませんが、更に4K 60fpsになると少しカクツキます。

YouTube動画に関しては、ネット状況にもよりますが8K動画も観れました♪

音の感じ


音に関しては『さすが、ハイレゾ。』と言う印象です。
特にハイレゾ対応のイヤホンで聞くとメリハリがよく分かります。
しかも、7.1チャンネルのバーチャルサラウンドサウンド。
余談ですが、7.1や5.1・2.1とかよく耳にします。
この7や5は、スピーカーの数で2.1チャンネルとは、左右のスピーカー+.1はサブウーハーの数を表しています。
5.1や7.1はホームシアターセットを購入すればその効果が絶大に分かると思います。
ちなみに、最近ではヘッドフォンで5.1チャンネル対応とかも存在します。

しかし、スピーカーが下にしか付いておらず横向で動画等を観ているときは、音はいいですがせっかくのステレオ音源も残念な感じに聞こえます。
ここは、マイナス点ですがイヤホン・ヘッドフォンで聞く時はすばらしい音です。

4GBのメモリの実力


このタブレットを選んだ理由は、この4GBのメモリと言っても過言では有りません。
タブレットでの4GBはあまり出回っておらず、iPad proと正直悩みましたが、コスト面で本機にしました。
メモリが多いと何が良いかというと、ネットサーフィン中“タブ”を多く出していてもカクついたりせずスムーズにネットサーフィンをする事が出来ます。
更に、映像制作会社なのでクライアント様に動画を確認していただくとには、スムーズに観てもらいたいので、このメモリが多いと“大きな処理”をサクサク行えることが出来ます。
仕事柄よく、『パソコンが重い』と言われますが、このメモリかCPUと言われる頭脳を司る部分が、足らなかったりすると重くなります。
もちろん、これだけではありませんが。

全体的な使用感

業務面

全体的に使用してみて私のような映像制作の業者の動画チェックやプレゼン端末等、業務に使えるタブレットとしては、かなり使い勝手が良いと感じました。
もちろん、ネットも音楽を聴くことにも長けているのでこの辺でのマイナス点は、特にありません。
ペンに関してですが、このタブレット専用のペンがかなり高騰しているため購入はしていませんが、1,024段階の筆圧にも対応しておりいずれ使用してみたいと思っています。
そもそも、PCのサブ機として考えていないので編集や重たい作業は行っていません。

プライベート

正直、重いです。
持ったまま長時間の動画は、片手では無理。
キックスタンドや固定して観ることをお勧めします。
更に、デジタルコンテンツを観覧するときも少しの時間ならなにも感じませんが、長時間は、かなり疲れます。
しかし、ディスプレイ自体が綺麗なので置いて見ても小さな文字もよく見えます。

Bluetoothも接続に問題もなくすんなり接続可能性。

ゲームはしないので分かりませんが、レビューを見る限りかなりサクサク動いている模様です。

まとめ


この【ASUS ZenPad 3s 10(z500)Wi-Fiモデル】を3ヶ月使用してみて意外に様々な場面での使用幅があると感じました。
更に、高性能タブレットなのでパフォーマンス不足にはなりにくくビジネスシーンでもプライベートシーンでも大活躍です。
正直、2 in 1のサブPCと悩みましたが、このタブレットを購入して正解でした。

ただ、カメラがかなり弱い印象を受けました。
iPhone 6sを使用していますがiPhoneカメラと比べると軍配は確実にiPhoneです。
なので、本機で写真を撮ってInstagramやFacebook等に上げようと思っていらっしゃる方には不向きと思います。
非常に悪いわけではありませんが、10点満点中3点のカメラです。(インカメラも)

出力には、素晴らしい性能を発揮しますが、単体入力は弱め。

エイスース ASUS ZenPad 3S 10 シルバー Z500M-SL32S4
エイスース
売り上げランキング: 11,637
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローお願いします

SNS